• ホーム
  • ED治療でよく使用されるレビトラには副作用のリスクはある?

ED治療でよく使用されるレビトラには副作用のリスクはある?

女性の額をキスする男性

レビトラは、バイアグラの臨床データを参考に開発された医薬品であるため、バイアグラで問題になっていた点を一定の範囲で解消できているという大きなメリットがあります。効果はもちろんですが、副作用についてもバイアグラよりは低い割合で推移していますので、その点も安心感があります。

一方で、副作用についてはED治療薬特有の症状がでることに違いはないので、注意も必要です。基本的に、ED治療薬は副作用が生じやすい医薬品であるため、これを完璧に無くすことは非常に難しい傾向があります。レビトラの場合は、顔のほてりや目の充血などといった症状を確認できます。

ただ、これらの副作用は身体上で重大な影響をもたらすものではありません。実際に、レビトラの有効成分の効果が効き始めると自然とこの副作用が出始めます。そのため、これらの副作用に関しては生じたとしても有効成分が浸透し始めた程度に考えておいて全く問題ない状況といえます。特に、レビトラは持続時間が決まっているため、この間で症状が治まるケースではほぼ気にする必要はありません。

そもそも、こういった副作用が生じる原因も特定されています。レビトラは、男性機能を改善できるように陰茎海綿体に血液を効率的に流入させられるように工夫をしています。具体的には、陰茎海綿体の血管の収縮に関係する特殊な酵素に働きかけることで、結果的に勃起の補助を行ってくれます。この過程で、他の酵素に対しても影響を与えてしまうため諸々の副作用が生じることになります。ですから、原因がきちんとわかっている副作用です。

データ上も、レビトラの全体的な副作用の症例は臨床段階で3割程度です。これは、バイアグラと比較するとかなり低い傾向があります。バイアグラは、服用したほとんどの患者に何らかの症状がでましたが、レビトラの場合はそれよりも低い数値になっています。
ちなみに循環器系や精神神経系などの身体上で重大な副作用に分類されるものについては、1%未満であることが大半です。勃起を支援する効能はそのままに、身体上の負担を減らすことに成功していますので、とても魅力的なED治療薬です。

また、患者に応じて用量を使い分けることができる魅力も存在します。レビトラは、5mgや10mgなど、患者のEDの現状によって最善のものを利用できます。副作用が強い患者は、できるだけ小さなものを服用すれば解決できることも多いので、この点もメリットは大きいです。